修理を検討|ピッキング対策で泥棒を寄せ付けない|鍵修理はプロにお任せ
家の模型と女性

ピッキング対策で泥棒を寄せ付けない|鍵修理はプロにお任せ

修理を検討

扉

どんなに対策をしていても、自宅に泥棒が侵入する事があります。また、うちは大丈夫だと謎の自信がある人ほど空き巣に狙われやすいのではないでしょうか。ドアノブや鍵穴に細工をされて侵入してきたら、もうそのドアノブは交換した方が良いです。もしそのまま使い続けていると、また同じ手口で侵入される可能性大です。ですので、早急に交換や修理をすると良いでしょう。また、鍵交換も大切です。要注意人物は泥棒や空き巣、そして強盗などに限りません。もしかすると、身近にはストーカーが迫っているかもしれないのです。自身が気付かないうちに合鍵を作られていたら大変です。家で何か違和感があるようなら、何者かが侵入した可能性を考えましょう。

ドアノブは主に2種類あります。交換や修理を検討する前に知っておきましょう。玉を握るタイプとレバー式が一般的に普及されています。レバー式は力を入れなくても回せるという事もあり、小さな子供や高齢者でも使用しやすいです。住宅をバリアフリーにリォームする際にも選ばれる優れものと言えるでしょう。また、寿命についてですが、そのドアノブをどのくらい使用しているのかにもよるはずです。毎日使用するトイレや風呂場などは寿命がくるまでに問題が発生する可能性が高いです。それから、乱暴に使用していると寿命も縮まるでしょう。異音がしたり錆が目立ったりするようになったら、本格的に壊れてしまう前に業者に連絡して修理してもらうのが一番です。本格的に故障してしまうと、修理費も高くついてしまう可能性が高いです。