対策をしよう|ピッキング対策で泥棒を寄せ付けない|鍵修理はプロにお任せ
家の模型と女性

ピッキング対策で泥棒を寄せ付けない|鍵修理はプロにお任せ

対策をしよう

作業員

最近では、多くの家庭で防犯対策がされるようになりました。治安が良い地域もあれば、悪い地域があるのが現状です。泥棒や空き巣の思考は読めませんので、こちらから何らかの対策をしていかなくてはなりません。玄関の鍵を失くしたり壊したりしてしまったら、早急に鍵屋で新しく作ってもらうべきでしょう。鍵屋には豊富な種類の鍵が揃っているので、泥棒や空き巣が諦めてしまうほどに丈夫なものを選ぶと良いです。ドフノブや鍵穴からではなく、ドアそのものをこじ開けて侵入する乱暴者も存在するので、ドアの強化も考えておきましょう。古い家だとしても、侵入するまでに時間がかかるようであれば諦めるとのデータが出ています。ですので、鍵屋を頼って防犯対策を抜かりなく行うべきだと言えるでしょう。とくに限度はなく、防犯すればするほど悪い者は去っていくはずです。

ピッキングによる被害は多いですが、最近ではピッキングが不可能な鍵も多く出回るようになりました。その為、一昔前に比べると被害件数は減少傾向にあります。しかし、建物が古ければそのような対策をしていない事がほとんどです。狙われやすいと言えるのではないでしょうか。ピッキングされやすい形状に関してですが、鍵の歯が左右対称にギザギザしていると危険です。また、片側はまっすぐなのに対してもう片方はギザギザしていると要注意すべきです。プロの犯行によれば、数秒で開けられてしまうでしょう。被害に遭う前に、鍵屋で早めの鍵交換を行うと良いです。